大学事例一覧

たゆまぬ革新が積み重なって歴史となる“古くて新しい”グローバルな総合大学

九州大学は「総合」で4位、「教育成果」で3位にランクインした。伊都の真新しいキャンパスへの移転を完了し、文理の垣根のない共創学部も新設した。多くの留学生・外国人教員と学び、生活する国際的な環境で、世界レベルの教育を行う。

NEW

九州大学

学生の「成長実感」を大切に。時代が求める全人力教育を推進

「全員留学」や「授業はすべて英語」といった、国際色が強く厳しいカリキュラムで有名な大学。実は「国際性」だけでなく、「教育充実度」でも3年連続の第1位を誇る。背景には学生の確かな成長を支える、有形無形のさまざまな仕組みがあった。

国際教養大学

教育力と充実度の相乗効果で世界が認める国際人を創る

日本版ランキング2019の「国際性」分野で全国5位、首都圏では2位の座につき、グローバル人材育成の確かな実力を示した東京国際大学。さらに、「教育充実度」で初のランクインを果たすなど、学生満足度も上昇中。「公徳心」を育む教育が、着実に実を結んでいる。

東京国際大学

世界と地域、両方の課題を解決する「イノベーター」を育成する

日本版ランキング2019の「教育リソース」の分野で34位と高いランクを獲得した徳島大学。関西から四国への玄関口である徳島で、古くから地元産業と手を携えて発展してきた徳島大学は、多様な文化を融合しながら新しいものを生み出すイノベーターの気風にあふれている。

徳島大学

協働による「ものづくり」を通じて地域・社会に価値を生み出す人を育てる

130年超の歴史を持つ工学院大学は、創造性の豊かな理工系人材を多く輩出する大学として名高い。その背景には研究と社会や産業、地域との連携を重視し、将来の日本の諸課題を科学技術によって解決できる研究者・エンジニアの育成に力を入れる建学の精神がある。

工学院大学

地域に根ざし、世界に発信する独自性豊かな教育と研究の実践拠点

豊かな自然に恵まれたキャンパスで、地域に根ざした教育・研究を実践する三重大学。「環境先進大学」としての活動もめざましく、SDGsに対する取り組みを指標とする「THE大学インパクトランキング2019」でのランクインが、その確固たる成果を示している。

三重大学

日英両語の少人数リベラルアーツ教育で世界で活躍する人材を養成する

リベラルアーツ教育のパイオニアとして、日本版ランキング2019で「国際性」の2位につけた国際基督教大学(ICU)。「教育充実度」でも前年の10位から2位へと躍進した。独自の特色に彩られた学修者本位の教育が、学生の高い満足度、高校教員の高い評価をもたらしている。

国際基督教大学

地域に根ざした国際化を推進しグローカルに活躍する人材を育成

「学び、究め、貢献する」を理念に掲げる岐阜大学は、2019年6月に創立70周年を迎えた。日本版ランキングでは総合55位をマークし、前年度の97位から大幅にランクアップ。4つの指標すべてにおいてランクを上げている。

岐阜大学

現場と教室を結ぶ生きた教育で主体性と実践力に富む人材を育成

秋田大学では、先進的な教育研究を軸に、特色ある学部運営を実現。「秋田モデル」として知られるPBL(Project-Based Learning)重視の教育で、学生の力を伸ばしている。また、「学生第一」をモットーに、個々の学生の成長を支援。Society5.0に活躍しうる力強い人材の育成を目指す。

秋田大学

グローバルPBLを推進 世界から求められる理工系人材を育む

芝浦工業大学は、THE世界大学ランキング日本版2019(以下、日本版ランキング)において、すべての項目で前年からランクアップした。教員、職員、学生の協働による大学改革と、ボーダレスな学修環境をベースに、グローバルな視野を持つ理工系人材を育成する。

芝浦工業大学

社会全体の持続的な発展に資する教育を目指して

群馬大学の基本理念の第1には、「新しい困難な諸課題に、意欲的・創造的に取り組む人材」、「幅広い国際的視野を備え、人間の尊厳の理念に立脚して活躍する人材」の育成を目指すとある。地球規模の課題解決に向け、群大が真価を発揮する時代が到来した。

群馬大学

「言葉は世界をつなぐ平和の礎」を胸に知的探求心あふれる人材を育成

開学以来、「言葉のスペシャリスト」の育成に邁進してきた神田外語大学。グローバル化が進む今、建学の理念である「言葉は世界をつなぐ平和の礎」は、時代を先取りした哲学となった。高い語学力と教養で世界に貢献する人材の輩出をめざし、2021年春、新学部設置も構想中。

神田外語大学

世界の「資源」新時代をリードする 専門性の高いグローバル人材を育成

秋田鉱山専門学校以来、「資源」の教育と研究において長い歴史と日本屈指の実績を誇る秋田大学。当該分野における世界のハブ大学を目指し、海外大学との提携が順調に進む。同時に地元との産学連携にも力を注ぎ、地方国立大学としての存在感を高めている。

秋田大学

「ものづくり」を通じて地域・社会に価値を生み出す人を育てる

総合で121-130位にランクインした室蘭工業大学。新制国立大学としての設立から70周年を機に、ものづくりのあり方の変化に合わせ、工学部を理工学部へ改組した。約40年先の北海道のものづくりを見据えた研究戦略と、確かな研究力をベースとした教育力で、さらなる飛躍を図る。

室蘭工業大学

世界標準の「全人力」教育でグローバルリーダーを育成する

全分野でランクインした国際教養大学。特に「教育充実度」と「国際性」の2分野で最高レベルのランクを誇り、大学のみならず、高校・企業・教育界全体からも注目を集める。創立から、わずか15 年で得たトップレベルの評価は、世界標準を意識した大学運営に裏打ちされていた。

国際教養大学

建学精神を継承する「国際性」と多様な成長を促す「学群制」

創立100 周年を迎える2021 年に向けて、もともと定評のあったグローバル化をさらに加速させている桜美林大学。独自性の強いその教育は、THE 世界大学ランキング日本版(以下、日本版ランキング)においても、「国際性」と「教育充実度」で高い評価を獲得している。

桜美林大学

社会の変動にも揺らぐことのないしなやかな女性リーダーを育成する

女性のための日本初の官立高等教育機関として、1875年に創設されたお茶の水女子大学。「グローバル女性リーダーの育成」を使命とし、独創的な教育プログラムを構築している。日本版ランキングでは全分野でランクインし、その実力に見合う結果を得た。

お茶の水女子大学

シンガポール国立大学に聞く! アジアTOPレベルの研究力の源泉は?

2018年9月に開催されたTHE世界学術サミット。開催期間中、シンガポール国立大学による日本の大学関係者との特別セッションが設けられました。その内容をレポートしつつ、同大学の研究力の源泉を探ります。

シンガポール国立大学

不透明な時代を生き抜く「たくましい人材」を育てる

「学生中心の大学」「地域とともに輝く大学」「世界とつながる大学」をキーワードに、教育や入試改革に邁進。愛媛大学の取り組みの中心には、常にブレない人材育成の理念がある。学生一人ひとりの個性や能力を踏まえ、入学したときから丁寧な人づくりが始まる。

愛媛大学

仲間と共に学ぶ教育が創る、世界各地へ飛翔する「創造的人間」

2021年に創立50周年を迎える創価大学は、「教育成果」「国際性」で高ランクを得た。目指すべき大学像「『創造的人間』を育成する大学」の実現に向け、初年次教育の質向上と、グローバルかつ多様性を重視した学習環境の整備に力を入れ、社会で広く活躍できる人材を輩出している。

創価大学

生涯にわたり社会で活躍するリーディングウーマンを育てる

東京女子大学は2018年に創立100周年を迎えた。建学以来リベラル・アーツ教育を実践し、一人の人間として自立した女性を育てることを旨とする。国際的な視野を持ち、生涯にわたって活躍する女性になるための学び、高等教育のあり方を東京女子大学は展望する。

東京女子大学

未来を担う人材を世界へ送る創造と変革を先導する大学

日本版ランキングで総合3位にランクイン。その圧倒的な実力を支えているのは、教育、研究、社会連携の好循環に基づく「創造と変革」の姿勢である。目指しているのは、学生の「挑戦する心」を育て、羅針盤のない未来を担う人材を世界に送り出す大学だ。

東北大学

アメリカとアジア地域で学び「行動力あるグローバル人材」を創る

THE世界大学ランキング日本版(以下、日本版ランキング)で「国際性」分野のトップグループに位置する亜細亜大学。建学以来、常にグローバル人材育成に重きを置き、語学力に終わらない真のグローバルスキルの習得を追求してきた教育が、着実に成果を上げている。

亜細亜大学

女性一人ひとりをエンパワメントする自由で多彩なオーダーメイドの教育

教育リソース、教育成果の2項目で150位以内に入った日本女子大学。4学部15学科を有する女子の総合大学であると同時に、少人数制によるきめ細かな教育を特徴とする。2021年4月に全学部を都内目白キャンパスに統合、まず2019年4月に学びの中心となる新図書館が開館する。

日本女子大学

地域密着型の教育・研究体制で 世界に貢献する人材を育てる

「教育リソース」「教育成果」で高いランクを獲得している島根大学。国内外から高い研究力が評価される一方で、地域課題の解決に貢献する優秀な地域人材の育成にも定評がある。その背景には、広く地域を研究フィールドとし、学生主体で実践的な学びができる大学風土がある。

島根大学

少人数制ならではの手厚いサポートで「真のグローバル人材」の育成を目指す

建学以来、グローバル人材の育成に力を注いできた麗澤大学は、「国際性」で高いランクを獲得した。同時に、企業人事・研究者の目による「教育成果」でも高評価を得ている。この2 分野で評価されるベースには、少人数制ならではの手厚い指導がある。

麗澤大学

「実践」と「グローバル教育」で理工系人材を育成する私立理工系のトップランナー

私立理工系のトップランナーとして評価が高い芝浦工業大学。THE世界大学ランキング日本版(以下、日本版ランキング)においても複数の分野でランクインを果たしている。実践的かつグローバルなその教育は、多数の企業をも巻き込み、ますます関心を集めている。

芝浦工業大学

次のチャレンジに必要なものは何か ランキングはそれを見極める判断材料

THE世界大学ランキング 日本版で教育満足度23位にランクインした近畿大学。その背景には、国際学部を新設するなど、現在、最も力を入れている「国際化」があるようです。(2017年4月取材)

近畿大学

世界に目を向けた教育の質保証にランキングを有効活用していく

THE世界大学ランキング 日本版の国際性ランキング1位にランクインした立命館アジア太平洋大学の副学長に、国際性豊かな学びを提供するための取り組みや、教育の質の向上への展望を語ってもらいました。

立命館アジア太平洋大学

高い教育満足度は教学改革の成果 ステークホルダーとの関係強化を図る

THE世界大学ランキング 日本版で43位タイにランクインした山形大学。高い「教育満足度」のスコアの理由は、学士課程教育の再構築や、ステークホルダーへの情報発信にあるようです。

山形大学

全学規模でのコラボ教育を推進し教育力向上につなげる

THE世界大学ランキング 日本版で83位にランクインした成蹊大学。2019年をめどに、学部を越えたチームティーチングをスタートするなど大きな改革を予定していると言います。今回は、その改革内容を聞きました。

成蹊大学

海外ネットワーク戦略を軸に教育成果、国際性の向上を狙う

THE世界大学ランキング 日本版で総合17位にランクインした長岡技術科学大学を取材しました。高い教育満足の背景にある、大学改革の内容が見えてきました。

長岡技術科学大学

努力の成果を数字で確認、教育成果のさらなる向上を図る

THE世界大学ランキング 日本版で総合46位(私立大学の中で11位)にランクインした神田外語大学を取材しました。これからの社会で必要とされる「自立学習」のできる人材を育む教育が明らかに。

神田外語大学

志ある多様な学生が集いグローバルリーダーに育つ

早稲田大学は、改革ビジョンの冒頭で「世界に貢献する高い志を持った学生」を掲げる。国籍や地域、文化的背景が異なる多様な学生がキャンパスに集い、互いに理解し合い高め合っていく環境の整備に力を注ぐ。 正課内外で豊富な教育リソースを提供することによって、学生一人ひとりの志に応えて多様な成長プロセスを支援し、次代のグローバルリーダーを育成する。

早稲田大学