世界を見据えた教育でアジア屈指の大学へ

亜細亜大学の国際化への歩みは、1955年の大学設立と同時に始まった。正確にはその前年、香港から一度に96人という、他大学に類を見ない規模での留学生の長期受け入れを行ったことに端を発している。「当時としては大胆な挑戦だったと思いますが、アジアの興隆に貢献するという建学の理念を改めて確認して、建学者たちが意を決したのだと聞いています」と栗田充治学長は話す。

以来、亜細亜大学はその名が表すとおり、アジアを代表する大学を目指し、グローバル社会に貢献できる人材の育成を最大のミッションとして教育研究の体制を整えてきた。

2012年度に文部科学省の「経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援」事業に採択された、「行動力あるアジアグローバル人材の育成」プロジェクトもその一つだ。1年次で体験するネイティブスピーカーによる英語の少人数授業をはじめ、約7人に1人が参加するという多彩な留学プログラム、海外で現地調査を行う多文化フィールドスタディ、学んだスキルを国内外の実社会で試すインターンシップ、さらには、それらの経験を「夢」につなげるためのキャリア支援に至るまで、取り組みは多岐にわたり、極めて実践的である。

もちろん、建学当初からの伝統である〝内なる国際化〟にも努めている。亜細亜大学で学ぶ外国人留学生は現在約350人で、全学生のほぼ20人に1人に当たる。「外国人が当たり前にいる環境で過ごすことにより、学生たちは異文化に対する壁をごく自然に乗り越えてくれますね。こういった環境整備や、数々の取り組みが功を奏して、日本版ランキングでの高順位につながったのだと自負しています」と、栗田学長は語る。

学内では自然な環境で異文化交流が行われている。
学内では自然な環境で異文化交流が行われている。

語学だけに終わらないタフな留学プログラム

グローバル人材の育成における亜細亜大学の先進性を象徴している留学制度が、「アメリカプログラム(AUAP)」である。1988年に始まり、これまでの30年間で1万4000人近い学生を送り出してきた。

AUAPは、単に語学力を磨くことを目標とするプログラムではない。文化や価値観の違いを理解したうえで、世界を舞台に渡り合う知恵と能力を身に付けた人物を育てることが、発足当初からの変わらないコンセプトである。そのため、出発の約半年前から英語力を含む準備を整え、留学中は受け入れ先となる大学の学生と机を並べてアメリカの社会や文化を学び、時には街に出て社会活動にも参加するチャンスもある。さらには、現地の学生と2人1部屋の寮生活を送り、異文化の中で暮らす感覚を染み込ませる。

留学先の大学にはAUAPの専門オフィスが置かれ、専属スタッフと現地学生によるサポート体制の下、毎週のように活動報告が日本に届く。国際交流委員長を務める岡村久和教授によれば、こうした密度の濃い5カ月間を体験することで、学生たちは見違えるほどタフな人間に成長して帰国するという。

AUAPに参加した学生のTOEICТⓇスコアが平均で130点以上アップする、というデータもある。だが、岡村教授は「そうした数値以上に、文化や習慣は違っても人間の本質は同じであることを身をもって知り、自分の考えを明確に表現することの大切さを知った経験が、何よりも大きい。それが、プレゼンテーション重視の最近の就職面接などにも生きているように感じます」と言う。

AUAPは「グローバル人材の育成」に特化することで、語学力の修得を目的とする他の多くの留学プログラムと一線を画してきた。その強みをさらに押し上げるため、岡村教授らは今、AUAPの大改革を進めているという。留学前の研修と留学後のフォローアップ教育を徹底させた、実社会で通用するグローバルスキルの習得を目指すプログラムである。

卒業生の約8人に1人が経験している留学プログラム「AUAP」。
卒業生の約8人に1人が経験している留学プログラム「AUAP」。

学びとキャリアを結び学生の生涯を応援する

AUAPの他にも、14カ国・地域の15大学から留学先を選ぶことができる「グローバルプログラム(AUGP)」や、中国・大連での現地教育とインターンシップを組み合わせた「アジア夢カレッジ─キャリア開発中国プログラム(AUCP)」など、亜細亜大学は多彩な海外体験のチャンスにあふれている。

特筆すべきは、AUCPのように「キャリアにつながる留学」の開発に力を入れていることだ。例えば、2016年度に新設された都市創造学部の場合、全学生が2年次後半の約半年間をかけて、アジアを中心とする各国で英語とその国の言語を学ぶとともに、現地企業でのインターンシップを経験する。産業と社会の観点から都市のあり方を探る「シティサイエンス」という新しい学問を追究するこの学部では、実際にその都市に身を置いてみることが決定的に重要な意味を持つのである。

亜細亜大学では、2016年の創立75周年を機に、10年後に目指す大学の姿を描いた中長期計画「アジア未来マップ2025」を発表した。そこには、アジア交流の拠点となる大学として社会に貢献し、学生の「個性値」を伸ばすとともに、その生涯にわたって応援することを誓う決意が示されている。

「大学、そして各学部における取り組みは、すべてその一点に向かって動いています。これからの時代、AI(人工知能)が処理する膨大なデータ分析の結果に意味を与え、社会を動かすことができるのは、真の教養と知恵を持つ人間でしょう。本学からその主役を送り出したい」。それが栗田学長の願いである。

都市創造学部では約半年間の「留学+インターンシップ」が必修。
都市創造学部では約半年間の「留学+インターンシップ」が必修。
学長
栗田 充治
栗田 充治
くりた みちはる
1975年 東京大学大学院人文科学研究科倫理学専修博士課程単位取得退学。東京大学文学部助手を経て、1982年に亜細亜大学教養部講師に就任。教養部助教授、教養部教授、国際関係学部教授を経て2015年より現職。
都市創造学部 都市創造学科 教授
岡村 久和
岡村 久和
おかむら ひさかず
1978年 早稲田大学商学部卒業。日本アイ・ビー・エム株式会社スマーターシティ事業部長を経て、2016年亜細亜大学都市創造学部都市創造学科教授に就任。国際交流委員長も務める。