「THE世界大学ランキング日本版2018」リリース

「世界大学ランキング」で権威のある英国の教育専門誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(以下、THE)は、国内総合パートナーであるベネッセグループの協力のもと、大学の教学改革やグローバル化の推進に向けて、このたび第2回となる「THE世界大学ランキング 日本版2018」を発表した。

「THE世界大学ランキング 日本版2018」の特徴

世界版ランキングでは「研究力」を軸に据えているが、日本版ランキングは、日本の教育事情により即した形で大学の魅力や特性が表れるように、大学の「教育力」を測る設計となっている。
日本版ランキングの指標は「教育リソース」「教育充実度」「教育成果」「国際性」の4分野13項目で構成されている。既存の大学ランキングが主に入学時の学力を軸に作成されている一方で、今回のランキングは学生の学びの質や成長性に焦点を当て、総合ランキングで150位までの大学のランキングを作成した。今回、「国際性」の分野に「日本人学生の留学比率」「外国語で行われている講座の比率」という二つの項目が加わり、より充実した指標によるランキングとなっている。

ランキングの有効活用による大学改革の推進

現在、日本国内では高等教育に関する3つの改革、「高大接続改革」「大学教育改革」「大学経営改革」が進められている。このような中、大学では経営・教育へのPDCAサイクルの導入とデータ収集・分析を行うIRの活用などが、ますます必要になる。この大学ランキングを、順位そのものにとどまらず、大学独自の魅力や特性を客観的に把握するツールとして大学改革でのプロセスで活用されたい。