THE世界大学ランキング日本版2020でエリアごとのランキングがわかる

 日本版ランキング2020のWebサイトでは、北海道・東北、北関東・甲信越、首都圏、北陸・東海、近畿、中国・四国、九州・沖縄という7つのエリア別にランキングを見ることができます。
 総合ランキングにランクインしている大学のうち、東日本にキャンパスを構える139校を北海道・東北、北関東・甲信越、首都圏の3つのエリアで区切り、ランクイン状況や特徴を探ります。

「首都圏エリア」のランキング上位校は?

 THE世界大学ランキング日本版2020にランクインした大学数は、首都圏エリアの大学が比較的多く、全国のランクイン大学の約3割を占めています。
上 位5校のスコアを見てみると、いずれの大学も教育充実度のスコアが高い一方、教育リソースと国際性のスコアにはばらつきがあります。ここでは、上位5校の中でトップである東京大学の取り組みを見てみましょう。

 東京大学は「教育リソース」分野、「教育成果」分野で特に高いスコアを獲得しました。
 教育リソースに関わる取り組みとして「Proprius 21 Plus共同研究ニーズ・シーズ マッチングによる課題解決」が挙げられます。Proprius 21 Plusとは、東京大学の産学共創推進本部において、民間企業のニーズをヒアリングし、最適な共同研究のマッチングを行う取り組みです。企業側に具体的な研究テーマが明確に決まっていない場合にも、ヒアリングやワークショップ、研究者のアドバイスを通して研究テーマを明確化する「テーラーメイド型」の共同研究で、企業が気軽に産学連携を相談できる制度です。
 また、特徴的な研究機関に、持続可能な開発目標(SDGs)や未来社会に関わる研究を行う未来ビジョン研究センターがあります。例えば、持続可能な開発目標(SDGs)の研究部門では、環境問題が社会や政治にもたらす影響やエネルギー問題などについて研究しています。
 教育成果に関する取り組みとして、東京大学のキャリア教育および就職サポート活動を見てみましょう。東京大学では、就職活動のさまざまな段階に対応したきめ細かいサポートが特徴的です。例えば、エントリーシートや面接、グループディスカッションの練習だけでなく、就職活動に生かすための効果的な新聞の読み方についてのワークショップ、学部や研究科単位でのキャリアガイダンスなどが行われています。また、卒業生とのネットワークを活かした取り組みも多く行われています。学生は、企業で活躍するOB・OGとともに、業界研究やキャリアデザインを行う機会が豊富にあります。また、最終(役員)面接を想定し東京大学の卒業生が面接官役を務めるワークショップも行われています。

「北海道・東北」エリアのランキング上位校は?

 北海道・東北エリアからは、総合ランキング200位以内に18大学がランクインしています。そのうち上位は国公立大学が占め、私立大学でランクインしたのは東北学院大学のみです。

 ここでは、東北学院大学(宮城県)の取り組みを見てみましょう。東北学院大学は、「教育充実度」分野で高いスコアを獲得しています。
 東北学院大学は、東北地方で唯一の私立総合大学で、100年以上の歴史を持ちます。学生目線のサポートが多いことが特徴です。
 特に、年に2回行われる「学生総会」は、学生が大学に対する意見を直接伝えられる機会となっています。実際に、学生総会での意見をもとに制度などの見直しや改善が行われます。また、新入生の学生生活をサポートする「TGCコンシェルジュ」では、先輩学生や職員が一体となって、質問や相談に応じ、新入生に「併走」する活動も行われています。
 また、語学学修のサポートにも積極的です。英語教育センター「えいごりらうんじ」では、教員から英語学修についてのアドバイスが得られます。英文法などの復習から、英会話、民間試験の勉強法まで、学生の英語学習に関する相談を受け付けています。さらに、ラーニング・コモンズ「コラトリエ」には、グループ学習・個人学習で使えるスペースが設置され、アカデミックスキルに関する少人数制のセミナーも行われます。そこでは、論文の書き方や勉強法などを学ぶことができます。

「北関東・甲信越」エリアのランキング上位校は?

 北関東・甲信越エリアからは、総合ランキング200位以内に15大学がランクインしています。トップは筑波大学(茨城県)で、「教育充実度」「教育成果」の2分野において高いスコアを得ています。

 筑波大学の取り組みを紹介します。
 教育充実度に関連すると仕組みとして、学生調査の結果を授業等の改善に反映していることが挙げられます。学群ごとに、授業評価アンケートをもとにカリキュラムの検証や改善を行い、その後の対応をまとめて公開しています。また、クラス連絡会を開催し、学生から直接、意見を受ける機会も設けています。
 教育成果に関する取り組みとして、入学直後から、就職よりも幅広い「キャリア」についての教育を行っていることが挙げられます。筑波大学では、「キャリア」は職業や経歴のみでなく、すべての経験や役割に及ぶものであり、大学生活はすでにキャリアの一部と考えています。
 特徴的な取り組みとして、研究者を目指すためのキャリア支援が挙げられます。研究型インターンシップや、企業や施設を訪問するバスツアーなどを行っています。また、博士人材に向けた中長期インターンシップやキャリア相談もあります。学生にとって、民間企業への就職だけではなく、研究者を目指す準備のしやすい環境だといえます。